2008年12月24日水曜日

2009OATH c.o.u.n.t.d.o.w.n.p.a.r.t.y-

告知文を書きました。
------------
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
SWC&ExT recordings-2009OATH c.o.u.n.t.d.o.w.n.p.a.r.t.y-
2008.12.31(NEW YEAR'S EVE)
21:00 s.t.a.r.t.@OATH
DOOR:1000yen

左胸がささくれ立つもので、大きく煙を吸い込み、
指先の火を灰皿で押し消し、シャワーを浴びて、ジャケットを羽織る。
夜は冷たくていけない。
「首筋におっきなフェロモンこさえて何処いくのさ?」と上目遣いで不満げに彼女。
ごめんよベイビー、とおでこに軽くキスしてやると、退屈そうに大きくあくびをして、布団の上で丸くなり、毛づくろいをはじめた。
「すぐに帰ってくるよ、子猫ちゃん」と嘯いて、国道246に出た。
今夜は長くなりそうだ。
24時間分の退屈を365セット繰り返して、一年が終わり、
またうんざりするような新しい年が始まる。
一つ年を重ねる、ただそれだけだ。
真新しい気持ちになんかならない。
空車のタクシーが自分を追い越し、通り過ぎていくのを目で追う。
続けざまに。
のろのろと。
嫌がらせみたいに。
来週の予定はいつも未定。
明日のことも30分後のこともわからない。
あるのは今だけ。
クソったれな今この瞬間だけ。
ちょっとづつ近づいてくるベースの音に、心が躍り始める。
除夜の鐘が煩悩の数だけ鳴り響く頃、二丁目交差点にたどり着いた。
くだらないおしゃべりとアルコール。
そして極上のイーブンキック。
スピーカーの前で刹那、左胸のささくれを忘れてしまおう。
夜は時に暖かい。
A Wish for a Better Year.


:::DJs
TRAKS BOYS(CRYSTAL+K404)
cos/mes(FLATIC+5IVE)
peechboy
YOU KOBAYASHI
永田一直
やけのはら
:::LIVE
CHERRYBOY FUNCTION
DORIAN
:::SPECIAL GUEST
KENJI TAKIMI(CRUE-L/LUGAR E-GO)
MASANORI IKEDA a.k.a.Mansfield

『変態“ピ”エロ』


ミニシアター系フランス映画のパンフに寄稿しました。
『変態“ピ”エロ』
http://www.kingrecords.co.jp/visualpack/gekijyou/hentai_piero.html


“ピ”はスターではない。


“ぺ”ことペ・ヨンジュンや、“イ”ことイ・ビョンホンは言わずと知れた正統派の<韓流スター>だが、“ピ”はスターでもなんでもない。“ピ”ことピエールはフランスの売れないコメディアン俳優で、<反流スター>にすら、なれなかった不器用な凡人……例えるなら「タクシー・ドライバー」のデニーロや「太陽を盗んだ男」のジュリーみたいなカッコいいアンチ・ヒーローになることもかなわず、孤独にくすぶり、暴発することができなかった一発の不発弾だ。


自虐的で、精神不安定で……この世の中に腐るほどいる犯罪者予備軍の一人に過ぎない。さしずめボニーに見捨てられて、引きこもっちゃったクライドってところか? ぶっちゃけた話、中途半端でカッコ悪い。さてさて、<不条理実験映画>と形容されるこの「変態“ピ”エロ」を見て……


「難解で意味不明!」

「ラストって結局どうなったの? てか何なのこの映画?」

「つーか、リンチとかハネケとかのが全然ヤバくね?」

……という感想を持つ映画ファンも多いことだろう。


それでもあえて言っておこう。

追い詰められた密室。

憧れのスターを前に、レコードに針を置き、耳にヘッド・フォンを突っ込んで、

スィンギンなオールディーズ・ソングと流行りのダフト・パンクを脳内ミックスさせ、

I m A Cown♪……と部屋の中でおどけるピエールの洒脱さよ、哀しさよ。


独断と偏見で言わせていただく。

「変態“ピ”エロ」は絶対的スターへの羨望と、

どす黒くも魅力的な輝きに満ちたショービズへの憧憬を孕んだ、

<歪んだ音楽映画>なのだ、と。

2008年12月18日木曜日

♪MAGNETIC LUV♪

MAGNETIC LUV- LUVRAW & BTB / ON THE WAY DOWN 7" RELEASE PARTY!!!
2008.12.20.SAT 24:00 START
AT LIQUID LOFT,EBISU,TOKYO
2500YEN/1 DRINK


―人間やめますか? それともマグねりますか?―

24時、横浜ベイエリアの潮風が夜の匂いを運んでくる。その瞬間、恵比寿一帯から全宇宙へ、強力な磁波が発せられ、好事家たちは抗うすべも、暇(いとま)もないまま、爆音の渦に巻き込まれることとなる。とろっとろの甘茶G-FUNKが順次パッキパキのテクノへと変容していく様を目の当たりにするにつけ、各人が己の業の深さを知ることになる。そして突然のビッグン!!!!!! 焦土と化した脳内に響くフュージョン・・・LUVRAW & BTBの奏でるトークボックスの音色は・・・

あまりにも磁・力・が・強・す・ぎ・る!!!!!!!!!!!!!!!

いっそ、このままマグネティック・ルネッサンス……。

■LIVE:GOLD EXPERIENCE (LUVRAW&BTB+PALM STREET)&JINTANA
From PanPacific Playa
■MC
ZEN-LA-ROCK(ALL NUDE INC)
■DJs

LATIN QUARTER(PPP/XX)
MATSUMOTO HISATAAKAA(AYB FORCE/VINNYL 7 RECORDS/DELIC)
BUSHMIND(seminishukei)
DJ SHU a.k.a NK-SUNSHINE(ALL NUDE INC)
$PIT(CILED/DELIC)
■EARLY TIME DJ & LIVE “G
PAINT
WAGINASS(KLEPTOMANIAC&MO FO MOOM)
VS
TOKYO BITCH(REALGOLD$ & 菱沼彩子
■VJ:ビビビ(TOKYO BITCH)

SUPPORTED BY KING BEATDELIC RECORDS


東京ビッチとWAGINNASSは
LIVE “G PAINT(注:ぬりえ)やります!

■LUVRAW&BTB/ON THE WAY DOWN
http://www.king-beat.com/index.php?main_url=%2Fg_album_detail.php%3Fps_alid%3D100003974%26

MSNポータル転職キャリアアップ

人材派遣会社「株式会社A・ヒューマン」のプロ・コンサルタント、末廣仁さんに、広告/マスコミ業界の業績動向&ボーナス動向についてお話を伺ってまいりました。
……って、ボーナスなんて、生まれてこのかた、一度ももらったことないけどね。
欲しいなボーナス。誰かください。

もしくれたら茄子に割り箸かなんかを突っ込んで、
超絶笑顔で繁華街を猛烈ダッシュします。

■MSNポータル転職

「2008年冬のボーナス大調査」

bounceとか音楽仕事

WORKSその四!

OOPS!およびTOWER RECORDSbounce.comの音楽ニュース執筆を始めました。
ちなみにこれ、うまいことできてて、OOOPS!→bounce→mixi音楽ニュースへと配信されることになってて、かなーり美味しいと思いますよ。皆様リリース情報、ございましたら一報いただけると幸いです。よろしくどうぞ!

Public-image.org」や「Culb Culture Japanan」、はたまた「COOLTRANCE」なんかでも時々、音楽ページのインタビューなどをさせていただいております。アーティスト稼動がある際はぜひ。機会がございましたら、お仕事くださいな。

最近だと……
2MUCH CREW
/BUBBLE YOU
・・・センスが良すぎる。
イルリメ
/MADE IN JAPANESE

……とか書いたっす。にしても朝方のイルリメ「さよならに飛び乗れ」は危険。面と向かっては口が裂けても言わないけれど、才能に嫉妬してますよ、鴨田くん。

イルリメMYSPACE OFFICIAL ♪

●WE ARE ECD+1●

2008WORKSその参


WE ARE ECD+1

1960年生まれのラッパーECDと、1984年生まれの写真家植本一子24歳離れた年の差カップル。2人共に本職で得る収入だけでは足らず、バイトで生活費を稼がなければならないフリーター状態。果たして2人は結婚できるのか? 出産は? 本人たちにもその結末はわからないリアルタイム・ドキュメント・コラム。

---------------------------------------------------------------------------------------

企画立案&編集(ってもたいしたことやってないかも)を担当させていただきました。すったもんだのあげく、めでたく結婚した二人。娘の「くらし」ちゃんも誕生し、約一年にも及んだこのWEB連載も、無事最終回を迎えることができました。現在書籍化に向けて動いております。乞うご期待!


■ECD>>>http://www.myspace.com/finaljunky

KAIKOO特集DJ BAKU対談三本立て


2008年の仕事、その弐

Public-image.org KAIKOO特集
INTERVIEW WITH DJ BAKU
×GOTH-TRAD
http://www.gothtrad.com/

×TUCKER
http://www.myspace.com/tuckerelectone

×MUSIC CLIPディレクター長沿正嗣×アーティストSHOHEI


2005年に発表されたドキュメンタリー・フィルム『KAIKOO / 邂逅』は、過去5年間にDJ BAKUが 様々なアーティストたちと築き上げてきた“成果”の記録であると同時に、その後ダイナミックに広がっていくこととなる国内ダンスミュージックシーンにおけ るひとつのターニング・ポイントにもなった。 そして「KAIKOO / 邂逅」 は、DJ BAKUの呼びかけにより、音楽イベントへとその姿を変え、過去3年間で7度の開催を数えるまでに成長。その間、様々な現場で数多くのクリエイターたちと のセッションを重ねていったDJ BAKUは、ファースト・アルバム『SPHINHEDDZ』をリリースし、名実ともに東京のダンスミュージックシーンを代表する存在となる。 そして、2008年。待望のセカンド・アルバム『DHARMA DANCE』をリリースし、「KAIKOO」史上最大規模となるフェス『KAIKOO meets REVOLUTION』の開催も目前に控える彼に、親交のある3組のアーティストとの対談を依頼し、彼らが育んできた「邂逅」について、改めて振り返ってもらった。 Text:REALGOLD$

■DJ BAKU
http://www.disdefensedisc.com/

デトロイト・メタル・シティ・ザ・ファンブック魔典

2008年の仕事。

「デトロイト・メタル・シティ・ザ・ファンブック魔典」/白泉社(ジェッツコミックス)


メタルに関する音楽記事やJ-POPアイドルちゃん“バニラビーンズ”×
毎度おなじみ横浜マイメンサイプレス上野とロベルト吉野の凶悪対談(!)などなど、編集&ライティングを担当させていただきました。

甚だ突然ではありますが、ブログはじめました

OLよろしく、

ペット
ネイル
グルメ

・・・のトピックス満載で30分おきにケータイ写メ付きでUPしてく所存です。



ウソです。次回が「ブログやめました」にならないよう、気をつけます。