2009年12月21日月曜日

別冊スペシャ vol.2


スペースシャワーTVのフリーペーパー「別冊スペシャ」第2号にて編集&ライティングをやらせていただきました。

人気チャート番組「スペチャ」の読み物ページ。今回はVJの臼田あさみちゃんが登場! 人気キャラ、ぺっちゃんと番組内で最近やたらとフィーチャーされているスペチャAD南氏に恋愛を指南! 恋も仕事もがんばれ!

■スペチャ!  http://www.spaceshowertv.com/specha/

2009年12月17日木曜日

音楽圧迫面接×SAWA

ダンスPOPSシーンの歌姫、SAWAさんを音楽圧迫面接しました。

お絵かきで音のイメージをビジュアライズ&シャーマニズム溢れる鋭い楽曲分析繰り広げる最強のインタビュイーを前に、圧迫面接スタッフは(圧迫するどころか)ただただ感服。いつの間にか、有名な占いの先生orカウンセラーに、“みて”もらってるような微妙な雰囲気に!

不肖REALGOLD$はSAWAさんのあまりにもヤバすぎる絵を見て、不覚にもご本人の目の前で爆笑してしまいました。そんな不出来な私に仏のような微笑でSAWAさん曰く・・・

「(REALGOLD$さんは)
家にイボイボのバランスボールがありそうですね!」

・・・と、有難いスピリチュアル・メッセージをいただきました。
言葉の意味は分からないけど、とにかく発言のセンスが良い!

PVもイタコちっくです

SAWA
Swimming Dancing

“音楽圧迫面接”とは・・・?  雑多な音楽業界の中でなかなか紹介しきれない曲やアーティストたちを、オピニオンリーダーたちに聴いてもらい、その感想を聞きたい、あわよくばプッシュしてもらいたい! という思いから生まれたHMV×MySpace×CINRA×DAX 4 サイト合同の新企画「音楽圧迫面接」。 お招きしたゲストに4サイトの代表者(圧迫面接官)が持ち寄ったオススメ音源を聴いてもらい、その音源についての率直な感想や印象をぐいぐいと問い詰めていく。 前半をMySpace、後半をHMV ONLINEにて掲載!


■音楽圧迫面接 VOL.7_ SAWA
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/5434.aspx

2009年12月3日木曜日

□□□(クチロロ)in CINRA.NET

カルチャー・ニュースサイトCINRA.NETにて取材&ライティングを担当しました。

世界は音楽で満ちている! □□□(クチロロ)インタビュー


タフ&クレバーないとうせいこうさんに感服・・・。

■CINRA.NET
http://www.cinra.net/

2009年12月2日水曜日

FUNKLUV

レゲエ&カルチャーマガジン『Riddim』で取材ライティングを行いました。

ZEN-LA-ROCK “FUNK LOVE”


湾岸MIDNIGHTSなアーティストフォトを手がけたPPPのiGa-Cと彼の写真集『DANCEHALLDAZE』の話も載ってます。CHECKされたし。

■Riddim
http://www.overheat.com/riddim/




ZEN-LA-ROCKSOUND MAGIC feat. BTB

2009年11月28日土曜日

HEZ FUNK FOOD IZ...


東京ニュース通信社発行「MySpaceFromJP」誌にて取材ライティングを行いました。

「TOTSUGEKI!! 隣のバンドごはん」
ZEN-LA-ROCKが彼の“ファンク・フード”を喰らう!

ミュージシャンのごはん風景をシュートするグルメページ(?)に
なぜかZEN-LA-ROCK登場!
取材場所は中野富士見町の人気店、尚ちゃんラーメンさま!
http://r.tabelog.com/tokyo/A1319/A131903/13006926/
レバニラ炒め美味しゅうございました。


ZEN-LA-ROCK
MIDNIGHT DELIVERY feat PUNPEE,BTB

2009年11月15日日曜日

WE'RE SOMETHING YOU'RE NOT


WANTOさんたちのエキシビジョンを見てきました。
最高です。ってか見なきゃ嘘だよ。29日までなのでお早めに!

WANTO & FANTA & SPECIAL GUESTS
“WE'RE SOMETHING YOU'RE NOT”
2009 7.NOV(sat) - 29.NOV(sun)
EVERYDAY OPEN PM14:00 - PM20:00
CLOSE MONDAY

“最新の流行なんてものは、始まった途端にシステムに乗せられ腐敗してしまう。皆がみているのは、流行の残骸、廃棄物を見てくれよくパーケージした、ただの商品。いつまでたっても、価値のないまがい物を本物と勘違いして騙されているわけだ。おめでたい話だぜ。ただ、新しい流行は、いつもコントロール不可な、アナーキーな混乱から生まれる、アンダーグラウンドで育まれる。 東京、鬱々と閉塞して、泥沼の消費の植民地。発狂した欲望。 虚飾が糜爛していく中で、アンダーグラウンドから本物が姿を現す。 WANTO&FANTA。鋭利すぎるイマジネーション。 それは、ホームレスの娼婦が不法占拠する家。 ゴミ、口紅、下着、寝具、机、テレビ、ダンボール、警察官、虫、植物、花、写真、アルミホイル、グラフィティー・・・ ストリートとグラフィティーの現実が、忽然と姿を現す3WEEKS”

at THE LAST GALLERY
東京都港区白金3-1-11
♯108-0072

2009年11月14日土曜日

音楽圧迫面接×EMI(THE LOWBROWS)

レペゼン“東狂エレクトロ”THE LOWBROWSのEMIさんに音楽圧迫面接!
取材&ライティングを担当させていただきました。
 
網走番外地に出張中のHMV ON LINE堀田祐介氏に代わり、
今回は“ゆるふわ愛され音楽ニュースサイト”「ナタリー」の大山卓也さんが圧迫面接官を勤めています。

ちなみにEMIさんは、夏目漱石の曾孫だそうです(スゴイ)。
----------------------------------------------------------------------
“音楽圧迫面接”とは・・・?
雑多な音楽業界の中でなかなか紹介しきれない曲やアーティストたちを、オピニオンリーダーたちに聴いてもらい、その感想を聞きたい、あわよくばプッシュし てもらいたい! という思いから生まれたHMV×MySpace×CINRA×DAX 4 サイト合同の新企画「音楽圧迫面接」。 お招きしたゲストに4サイトの代表者(圧迫面接官)が持ち寄ったオススメ音源を聴いてもらい、その音源についての率直な感想や印象をぐいぐいと問い詰めていく。 前半をMySpace、後半をHMV ONLINEにて掲載!

■音楽圧迫面接 VOL.6_ EMI(THE LOWBROWS)
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/5014.aspx

2009年11月1日日曜日

Interview with ECD

東京ニュース通信社発行、『MySpace From JP.』にて取材、ライテイングをさせていただきました。

WISE UP_ECD
「生きることをもっとちゃんと肯定してあげたい」


“生きることは悪くない、生きることをもっとちゃんと肯定してあげないと“。
“生活から逃げても何も得るものがない”

私がPubulic-image.orgECDの連載“WE ARE ECD+1”を持ち込んだのも、
出版にまつわるあれこれをブックしたのも、
全てがこれらの言葉を聞き出すための伏線だったように思います。
One for the Life,Two for the Show.

■MySpace From JP.
http://www.myspace.com/fromjp

2009年10月29日木曜日

AFRA in Public-image.org

カルチャーwebサイトPublic-image.orgにて取材&ライティングを担当しました。

AFRAインタビュー


Heart Beat -Special Clip- Directed by easeback
Nice Clipす!

■Public-image.org>>>http://www.public-image.org/

2009年10月26日月曜日

女郎夢 MELLOW Dreams

My Birthday Bash!!!!!

NIKO¥ON PRODUCTION presents
女郎夢 MELLOW Dreams

2009.10.29(THU) @32016(UME-SAN's BAR)
Charge Freeee!!!!!
DJS::
LUVRAW (PPP/MAGNETIC LUV)
http://www.myspace.com/luvraw

Marinate Catt&MoForMoom a.k.a. Lil' Mofo(Wags)
http://mofobusiness.blogspot.com/

EarlyTimeMellowMusiq::
REALGOLD$(TokyoBitch/NIKO¥ON PRODUCTION)

MC::
Micky(Hot Pink)
http://ameblo.jp/hotpinkpress/


VJ::
ビビビ(Tokyo Bitch)
http://realnikoyon.blogspot.com/2009/06/blog-post.html

Address::
渋谷区渋谷3-20-16ニュー栄ビル3F
〒150-0002
渋谷駅前高架下、渋谷駅前明治通り沿い、山下書店とパチンコ屋の間の道を入り川を超えて一本目の路地を左折。2FにCAFEが入っているニュー栄ビルという建物の3FのNO SIGN BARです。店内から東横線ホームが見えます^^

AFRA in CINRA.NET

カルチャー・ニュースサイトCINRA.NETにて取材&ライティングを担当しました。

ヒューマンビートボクサーAFRAインタビュー

REALGOLD$の友人の中で最も有名かつTalentedな男であります(最敬礼)!

■CINRA.NET
http://www.cinra.net/

re-quest/QJ navi_街と美容室 VOL.19所沢

街の情景とそこで働く美容師さんをご紹介!

VOL.19 PROGRESS所沢 薄羽諒さん
http://www.qjnavi.jp/static/contents/machi/19/index.html

■re-quest/QJ navi
http://www.qjnavi.jp/

2009年10月3日土曜日

『ホームシック 生活(2〜3人分)』刊行記念 SPECIAL TALK LIVE&サイン会

(C)ICHIKO UEMOTO

10月15日発売の『ホームシック 生活(2〜3人分)』(ECD著/植本一子写真、フィルムアート社)の刊行を記念して、ECDとイルリメによるスペシャル・トーク・イベントを開催! これまで様々な形でコラボレーションをしてきた旧知の仲の2人だけに、果たしてどんな話が飛び出すのか…? どうぞご期待下さい。


ECD×イルリメ(司会)


2009年10月16日(金)19:00 START(観覧自由)
@タワーレコード渋谷店 7F TOWER BOOKS
【お問い合わせ】タワーレコード渋谷店7F TOWER BOOKS:03-3496-3661(代)

●トークイベントのご観覧は、出入り自由でどなたでもご参加いただけます。
●『ホームシック』をタワーレコード渋谷店でご購入いただいた方にはECDサイン会参加券プレゼント!
●タワーレコード渋谷店 7F TOWER BOOKSでは、期間中、ECDセレクトによるブックフェアを開催します。

【ご注意】
●サイン会整理券は、タワーレコード渋谷店にて、10月10日発売の書籍『ホームシック 生活2〜3人分』をご予約またはご購入いただいたお客様に先着順で配布いたします(ご予約のお客様には優先的にサイン会参加券を確保し、商品購入時に参加券を差し上げます)。書籍はサイン会当日にお持ちいただき、整理券と引き換えにサインしてお渡しいたします。
●書籍のご予約は店頭のみとなり、お電話等では受付できません。
●定員に達した場合、その後商品をご予約、ご購入いただいてもサイン会参加券は付きませんのでご了承ください。
●イベント当日、カメラ、録音・録画機器などの持込みはご遠慮ください。

2009年9月19日土曜日

ホームシック ― 生活(2~3人分)

我ながらGood Job! 人気連載、ついに書籍化!! 
詳細発表です!
どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------
ホームシック~生活(2~3人分)
ECD 著/植本一子 写真/A5判変型/168ページ/1800円+税/ISBN 978-4-8459-0937-7

ラッパーECDの、ハード核(コア)家族生活。
契約打ち切り、無収入、アル中、閉鎖病棟入院。
臨界点ギリギリから生還した47歳のラッパー・ECDが、
24歳年下の恋人との結婚、妊娠、出産を通して見つめた、
「愛」と「生活」のドキュメント。

日本語ラップのオリジネイターとして深くリスペクトされるECD。本書は、アル中、閉鎖病棟入院といった"失点"な日々を乗り越え、新進カメラマ ン・植本一子との同棲、思いがけぬ妊娠そして出産と、結婚へ至る怒濤の人生の転換を綴った、生活密着型のリアルライフ文学です。ウェブ連載『We Are ECD+1』はその出産までで惜しまれつつ終了しましたが、本書では、その後日談としてECD+いちこ+娘との、ハード核(コア)家族のリアルすぎる"生活"や、二人の出会いやなれそめなど、盛りだくさんに加筆。慣れない日常に戸惑いながらも真摯に思考しながら行動を起こしてゆくそのさまが、核心を突いた言葉で、装飾を削ぎ落としたスタイルで書き綴られて行きます。それは文学の持つ最もシンプルなかたちであるとも言えるでしょう。日々を独特の視点で切り取る、新世代の注目の写真家・植本一子の写真も多数収録した、写真と文学のコラボレーション作品です。

★Public-image連載『We Are ECD+1』を完全収録 &それ以前の出来事や後日談を綴った書き下ろし原稿を大幅加筆!

■フィルムアート社
http://www.filmart.co.jp/cat138/_23.php

2009年9月15日火曜日

音楽圧迫面接×AYUSE KOZUE

超絶キュートなラップトップ・ミュージシャン、アユセコズエさんに“音楽圧迫面接”!
取材&ライティングを担当させていただきました。 


“音楽圧迫面接”とは・・・?
雑多な音楽業界の中でなかなか紹介しきれない曲やアーティストたちを、オピニオンリーダーたちに聴いてもらい、その感想を聞きたい、あわよくばプッシュし てもらいたい! という思いから生まれたHMV×My Space×CINRA×DAX 4サイト合同の新企画「音楽圧迫面接」。お招きしたゲストに4サイトの代表者(圧迫面接官)が持ち寄ったオススメ音源を聴いてもらい、その音源についての率直な感想や印象をぐいぐいと問い詰めて いく。 前半をHMV ONLINE、後半をMySpaceにて掲載!

■音楽圧迫面接 VOL.5
AYUSE KOZUE
前編↓
http://www.hmv.co.jp/news/article/909040023/

後編↓
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/4289.aspx


2009年9月10日木曜日

re-quest/QJ navi_VOL.10 Aero hair studio

美容師求人サイトre-quest/QJ naviにて取材&ライティングを手がけました。
転職成功者にインタビュー。今回はサロンWワークのしかた。

VOL.10 Aero hair studio
http://aero-hs.com/

■re-quest/QJ navi
美容師ステップアップ VOL.10
http://www.qjnavi.jp/static/contents/stepup/10/index.html

2009年9月3日木曜日

ホームシック

(C)ICHIKO UEMOTO

ECDがカルチャーWEBサイトPublic-image.orgで一年間連載し、各方面から絶賛されたコラム「WE ARE ECD+1」がついに書籍化します! タイトルは「ホームシック」

『ホームシック』
ECD著
発売日:2009年10月(予定
刊行:フィルムアート社
価格:未定

avex cutting edge在籍時の1995年にリリースした同名アルバム「ホームシック」(←名作)と、あえての同タイトルです。 が、その言葉の持つ意味が、当時と今とでは全く違うというということに、お気づきいただけるはず。読めばわかるさ、わかるさ読めば。 カミスンってことで待て、次号!

まとめ読みはコチラで↓

■ECD“WE ARE ECD+1 http://www.public-image.org/column/ecd

2009年8月27日木曜日

HOW TO BE A GIRL IN THE BAND!?


東京ニュース通信社発行、『MySpace From JP.』にて取材、ライテイングをさせていただきました。

HOW TO BE A GIRL IN THE BAND!?

女は器量よりも度胸でしょ!? ―紅一点バンドベーシスト放談

関根史織(Base Ball Bear) × 森本夏子(bonobos) × 栗本ヒロコ(毛皮のマリーズ)

ガールズ特集
……なんですが、かしましさゼロ。漢汁満点、シュガーレスな女性ベーシスト鼎談です。

MySpace From JP.
http://www.myspace.com/fromjp

2009年8月21日金曜日

iLL

カルチャー・ニュースサイトCINRA.NETにて取材&ライティングを担当しました。

iLL『THE FORTH』インタビュー!

フルカワミキさんに続き、今度はナカコーさん。
何やら“ex-スーパーカー
づいています。

■CINRA.NET
http://www.cinra.net/

2009年8月6日木曜日

別冊スペシャ

スペースシャワーTVのフリーペーパー「別冊スペシャ」にて編集&ライティングをやらせていただきました。十年前、スペシャのフリペ「タダダー」をよく拾って読んでたなぁー(しみじみ)。ちなみに、チャート番組“スペチャ!”の毒舌マスコット、ぺっちゃんと番組のおとぼけVJ徳光正行さん(←徳光和夫さんJr.)の愉快な対談です(とても愉快です)。

PHOTO:ぺっちゃんTシャツを着たgalaxxxyスタッフ、ぁややちゃんとペッチャン◎
(↑ディレクター、きしひろみさんのblog
より写真拝借失礼!
ぺっちゃん、Cawaii=☆っす!

■スペチャ! http://www.spaceshowertv.com/specha/

音楽圧迫面接×DOMINO

平成生まれのNeO TOKYO CITY ハイブリッド・ガールズDOMINOさん(18歳!!!)に“音楽圧迫面接! 取材&ライティングを担当させていただきました。 

メンバーのSHIORIさん曰く、「給食の時間に妄走族の曲がかかっていた」とのことです。

まさに東京生まれ、HIPHOP育ち!
なんかイイよね!

----------------------------------------------------------------------
“音楽圧迫面接”とは・・・?
雑多な音楽業界の中でなかなか紹介しきれない曲やアーティストたちを、オピニオンリーダーたちに聴いてもらい、その感想を聞きたい、あわよくばプッシュし てもらいたい! という思いから生まれたHMV×MySpace×CINRA×DAX 4サイト合同の新企画「音楽圧迫面接」。 お招きしたゲストに4サイトの代表者(圧迫面接官)が持ち寄ったオススメ音源を聴いてもらい、その音源についての率直な感想や印象をぐいぐいと問い詰めて いく。第4回目のゲストはエレクトロPOPユニット、DOMINOさん! 前半をMySpace、後半をHMV ONLINEにて掲載!

■音楽圧迫面接 VOL.4 DOMINO
http://news.jp.myspace.com/NewsArticles/3766.aspx

DJ BAKU,THE 12 JAPS

カルチャー・ニュースサイトCINRA.NETにて取材&ライティングを担当しました。

DJ BAKU『THE 12 JAPS』インタビュー!

JAMBO MAATCH×般若の異種格闘技コラボ、激しく実現希望!

■CINRA.NET
http://www.cinra.net/

2009年7月23日木曜日

re-quest/QJ navi_VOL.8 Ley

美容師求人サイトre-quest/QJ naviにて取材&ライティングを手がけました。
転職成功者にインタビュー。レッツ・サクセス!


VOL.8 Ley
http://www.ley-hair.com/


■re-quest/QJ navi
美容師ステップアップ VOL.8
http://www.qjnavi.jp/static/contents/stepup/08/index.html

2009年6月8日月曜日

ビビビ

TOKYO BITCHのVJチーム、ビビビ(香港CHERRY&上海上海SACHICO)のARTIST PHOTOを撮りました。アホっぽさの中にもきらりと光る高級感が! われながら良い写真。

そんなビビビがVJしてます。WOMEN ONLYイベント≪GOLD FINGER≫
@ AOYAMA LAS CHICAS B1F“TOKYO SALON” 、次回は6/12 FRI. DJs: ANITA san, KILIMANJARO, PELI, KUBO VJ: VIVIVI

入場は23歳以上の女性のみ可。
Don't Trust Under 23!?!?!? オトナ万歳っ=!

■GOLD FINGER http://www.goldfingerparty.com/

2009年5月26日火曜日

SEEDA!!!!!!!!!!!!!!!!

取材&原稿ライティングを手がけました。
グレート・ザ・歌舞伎町さんと、お久しぶーりーねーーなタッグ。

SPECIAL INTERVIEW WITH SEEDA!
『MySpace From Jp.』
2009年7月号
発行:東京ニュース通信社

歌舞伎町さんが撮影した
写真、SEEDA&OKI@大岡山 ・・・がイイ感じです!!!!!!
矢先にSEEDA引退のニュース!
きっと彼は神輿に担がれるのがイヤなタイプなんだろうなぁ、と薄っすらぼんやり感じた次第。変わらないものなんか何にもないしってことで、うつろう時間に笑顔で手を振り、こっそり小さくFUCK サイン。・・・にしても
SEEDAくんのこの記事がなんだか素晴らしくて…

■SEEDA CONCRETE GREEN
http://seeda.syncl.jp/

■MySpaceFrom JP.
http://www.myspace.com/fromjp

2009年5月22日金曜日

音楽圧迫面接×フルカワミキ

人気アーティスト、フルカワミキさんにインタビュー!
面影ラッキーホールやらSKYFISHくんやらの楽曲を聴いてもらい、感想をいただきました。

-
“音楽圧迫面接”とは・・・?
雑多な音楽業界の中でなかなか紹介しきれない曲やアーティストたちを、オピニオンリーダーたちに聴いてもらい、その感想を聞きたい、あわよくばプッシュし てもらいたい! という思いから生まれたHMV×My Space×CINRA×DAX 4サイト合同の新企画「音楽圧迫面接」。お招きしたゲストに4サイトの代表者(圧迫面接官)が持ち寄ったオススメ音源を聴いてもらい、その音源についての率直な感想や印象をぐいぐいと問い詰めて いく。
前半をHMV ONLINE、後半をMySpaceにて掲載!

■音楽圧迫面接×フルカワミキ

http://www.hmv.co.jp/news/article/905190102/

2009年5月8日金曜日

Dog meets BOOMBOXXXXEEZ!!!!!!!!!

USEDラジカセ・ショップTURBOSONIC高円寺から渋谷区東に移転し、リニューアルオープン! と聞いて、行ってビックリこきまろ!!!! なぜかPET FOODやらDOGウエアやらスケートボードをリメイクしたグッズやらが置いてあり、ちょいと小洒落た雑貨屋さんの風情。
↑犬がカジるオモチャ。通称カジカジ。CAWAii!

なんでもオーナー鶴岡さん一家が犬を飼い始めた影響だそうで。
音響狂をも動かすお犬様力・・・あなおそろしや。
一番上の写真のこれ↑カジカジ)ゼッタイ入荷したほうがいいですよ、鶴岡さん!

店の奥には八百万の神々の如くラジカセ様達が鎮座しておりました(安心)
【WANTED】 同店では、ただいまスポンサードをするスケーターを絶賛募集中!
あなたもプロに(ただし、DOGスケーター限定)!!
!!!!!!!!
ちなみにこの店、以前、東野幸次の嫁がネイルサロンをやっていた跡地だそうで、曰く「そこが一番の売りです」とのこと。
あんぎゃぁー!!
・・・是非寄ってみてください。

TURBOSONIC&CHARMWAGS
渋谷区東3-14-22白善ビル102
OPEN:11:30-18:30 水曜定休
http://turbosonic.net/

2009年5月1日金曜日

♪PARTY♪MAGNETIC SPACE LUV♪


横浜でVJます。
海沿いのテラスでBAYSIDEの潮風を感じながら、一足お先に夏しま専科?
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
MAGNETIC SPACE LUV @横浜BAYSIDE
2,500Yen(2DRINK)
5.4(MON)祝日
OPEN_22:00


★MAIN FLOOR
ZEN-LA-ROCK × BTB × LUVRAW × MR.MELODY × DJ SHU
BRON-K&TKC (SD JUNKSTA)
CIAZOO
S.L.A.C.K.
WATT

DJ
1DRINK (JAYPEG)
Latin Quarter (PPP)
NK-SUNSHINE aka SHU
DONSTA
RYOUICHI
::::::::::::::::::::::::
★SEASIDE FLOOR
GODGILLA fr SEVEN STAR
DELTA FORCE
DJ 帝
DJ TAI
FACE GEE fr HYDRO SOUND&SPECIAL JERK SHOP!!!!
::::::::::::::::::::::::
★SECOUND FLOOR
KES(PPP)
Metoro Phonic(PPP)
CARRE

DJ
No Rule
Dead Fuckin' Ninja
Starrburst
Bushmind
LUVRAW(PPP/MAGNETIC LUV)
Mr.Melody(PPP)
SPEXSAVERS
CHISATO
::::::::::::::::::::::::
★EXHIBITION
MAGNETIC LUV

*VJ*
TOKYO BITCH

*SHOP*
DEF屋

■SPACE CONVENTION & MAGNETIC LUV PRESENTS MAGNETIC SPACE LUV @横浜BAYSIDE
http://www.bayside-yokohama.jp/

2009年4月24日金曜日

SUMMER OF RAW LIFE

2004年から2006年にかけて開催され、優れたインディペンデント系アーティストを輩出してきた人気音楽フェスティバル〈RAWLIFE〉。その模様を収めたフォト・マガジン「SUMMER OF RAW LIFE」の発売が決定! こちらにコメントを寄稿しました&bounce.comにてニュース紹介いたしました。
http://www.bounce.com/news/daily.php/19264/
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

198×年。小学二年生の女の子だった私は、図工の時間に、雨の日の絵を描いた。自慢じゃないけど、その絵は、金賞をとったんだ。画力はなかったけど、水溜りの中に写る自分を俯瞰する、という構図がとてもユニークだったから。


でもちっとも嬉しくなかった。

なぜって、赤いランドセルを背負った絵の中の私の表情は、不機嫌で無愛想だったはずなのに、担任の大塚先生が勝手にニコニコ笑顔に描き換えてしまったから。


私が本当に描きたかったのは憂鬱さと苛立ちだったのに、

その表現は<相応しくないもの>として却下され、

雨の日って楽しい! な子どもらしさ、無垢さ>に偽装されてしまった。

そのことが悲しくて悔しくて、その後、絵を描くのが嫌いになった。

嘘つきは泥棒の始まりって教わったのに、私のアイディアを泥棒したのは誰? 


健全な表現なんてクソ食らえ。

そんなこんなで幾年月。

音楽フェスと名の付くものは全部キライな私ですが、

RAW LIFEに行くと自然とニコニコ笑顔になってしまうのでありました。


原っぱに寝そべった聴いたbird

BUTTHEAD SUNGLASSと土ぼこりのカオス

SFPの熱狂と廃墟のコントラスト

東京湾に沈む夕日とCrystal

CHERRYBOY FUNCTIONと夕闇のメランコリック


ため息にまみれた私の日々の不協和音を、いい感じにチューニングしてくれるのは、いつでもあの祭の残響です。

Keep your mind R/A/W.


小宮川りょうas REALGOLD$(NIKO¥ON PRODUCTIONTOKYO BITCH

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「SUMMER OF RAW LIFE」 / ICHIKO UEMOTO
5月上旬発売予定
1200円、400部限定
 
コメント:EYE / 阿部周平 / アラカネ(ELEKTRO HUMANGEL) / AWANO / 石黒景太 / ECD / 磯部涼 / 今里(SFP) / INN JAPAN / 宇川直宏 / WOODMAN / MCドグマ(MSC) / L?K?O / 鴨田潤(イルリメ) / 漢(MSC) / KZA(FORCE OF NATURE) / 岸田浩章(RECORDer) / クボタタケシ / CRYSTAL(Traks Boys) / KLEPTOMANIAC / KEIHIN / K404(Traks Boys) / コンピューマ(スマーフ男組) / サイプレス上野 / 庄野祐輔(MASSAGE) / SHIRO THE GOODMAN / THINK TANK / 簾内ケ蟲(BUTTHEAD SUNGLASS) / ZEN-LA-ROCK / ソウジロウ (ABRAHAM CROSS) / 曽我部恵一 / たかおか / 高木壮太 / 高田亮吉 (冠位十二階) / タカラダミチノブ / TAXIM / 竹久圏 (KIRIHITO) / 谷口順(U.G MAN) / CHERRYBOY FUNCTION / 蔦木俊二(突然段ボール) / D.O(練マザファッカー) / DK(DK SOUND) / destr∞y a.k.a. dubdub (イカナニ) / DE DE MOUSE / 永田一直(ExT Recordings) / なんのこっちゃい西山。 / 二階堂和美 / にせんねんもんだい / 浜崎(TRASMUNDO) / BAKI3 / HIKARU(BLASTHEAD) / peechboy / 二見裕志 / ぽえむ(2 MUCH CREW) / 真保☆タイディスコ / 水越真紀 / 三田格 / 373 / 向井秀徳 (ZAZEN BOYS) / MONOLITH / 森本雑感(BREAKfAST) / やけのはら / 山口浩司(MASSAGE) / ヤマベケイジ(LOS APSON?) / YOGURT / REALGOLD$(TOKYO BITCH) / 露骨KIT
 
ロゴデザイン:A Delicate Relation You And Me / MTR (CARRE) / OTUYUCHAN / KLEPTOMANIAC / 坂脇慶 / sac / CYU(イカナニ) / TETSUYA SUZUKI(TOPGUN) / 林弘樹 / 菱沼彩子(TOKYO BITCH) / 松原由香 / 373(五十音順)


ちなみに、このZINEは、RAW LIFEファンたちによる完全手弁当スタイルで制作されたものだそーです。植本一子の写真は「あら、いいですね~」という塩梅ですし、400部限定ですので、発売しましたらすみやかに購入してください。


RAW LIFE自体はすでに終了しているのですが、
主宰者ハマダ氏は最近は、レコードと本のWEBセレクトショップをやってます。

こちらも合わせてチェキってください。


■shop AHOY!
http://shopahoy.jp/

2009年4月21日火曜日

WOMEN ONLY! GIRL FRIEND by GOLD FINGER vol.40

Woman Only Party【GIRL FRIEND】にて、VJやりますー。
----------------------------------------------------------------
【GIRL FRIEND】
世界中のメディアから取材を受け続けた、日本初にして最大のWOMEN ONLYイベントとして名高いGOLD FINGERの姉妹パーティー【GIRL FRIEND】。
 各界で大人気のガールズDJ&VJたちブティック化粧がフロアを盛り上げ、今や毎回500名を超える動員を誇る名実共に新たな記録更新イベントに。国内外からLガールズが大集合!! 大大大炸裂中!!! みんなで楽しくピースな一夜を、オーライ!

WE LOVE GF!!! WELCOME ALL GIRLS & WOMEN, LESBIAN,GAY WOMEN,DYKE, BISEXUAL, also STRAIGHT GIRLS!GIRLS DJ & GIRLS VJ BANZAI!ALL NIGHT DANCE!! SEE YA!!!

GIRL FRIEND by GOLD FINGER vol.40
04/25 Sat.@BAR HIJO-GUCHI 2chome
*ご入場は20歳以上の女性のみ。ID CHECKあり。Sorry guys...
■BAR 非常口
http://www.hijouguchi.com/
21:00~5:00 / 2800YEN
with FLYER 2,000Yen/1D before 24:00

GFがついに女子限定スナックをオープン!!
MOTEL#203経由なら、一晩中ADM.\2,000/1Dに大サービス!
シャンパンBAR《スナックGF》もオトナの女性に大好評!
■MOTEL #203
http://www.bar-motel.com/
NO CHARGE. FIRST DRINK 1000yen with NUTS.(all you can eat!)
最初の一杯1000yenオンリー! 明朗会計。
「1000円あったらMOTELへ行こう!(笑)」
<DJS>
DJ : CHII
R&B~HipHop~House等、幅広い選曲と音を楽しむオリジナルティー溢れるDJスタイルで大人気!

DJ : PELI
エレクトロ、テクノを中心に、ノージャンルでプレイ。全国のパーティーに多数出演。ハードメルヘンDJ

DJ : KUBO
JAZZやsoulが最近のお気に入りの選曲。実はタップダンサー♪

DJ : ENBUN8WARI & Yoshiko
純情パワー爆裂DJの愛らしいオバカサン達。なにか足りない? なにかを足し過ぎてしまっているのかも。

VJ : ビビビ(TOKYO BITCH)

香港チェリー+上海サチコによるVJユニット! にーはお!アンテナ、もぉビンビン! 我慢できなぁぁい!!
>>>
マカオ出張中の上海サチコに代わり、今回はTOKYO BITCHよりREALGOLD$が代打登板!!!!!!!!!

■GOLD FINGER presents GIRL FRIEND
http://www.goldfingerparty.com/

2009年4月17日金曜日

ZINE! MASSAGE 8 


カルチャー・マガジン“MASSAGE最新号に寄稿させていただきました

■NIKO¥ON'S DELIGHT
・・・極私的雇用問題コラム!

■ParCodaN 函館のひとたち~
サ“イカ”デリックという概念

対談:JINTANA×LUVRAW from Pan Pacific Playa

ご一読ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
MASSAGE NO8 
4/22より順次発売
お求めはお近くのTOWER BOOKSほかで!
定価1050円(税抜1000円)
表紙: 井口弘史
アートワーク:NA2ME/SEIGOFUKUDA/辺口芳典/IPPI/CYU
/QOTAROO/三嶋典東

同時発売
カルチャーマガジンとして現在7号まで年1回というゆっくりしたペースで発行され、アンダーグラウンドながらもデザイン誌「アイデア」にも取り上げられるなど、確実に注目を集めているカルチャー誌「MASSAGE」が、豪華DJ陣による“ミックスしないnonmix CD 、“リビング(家on居間)なダンスミュージックお届け。
V.A./Massage Non Mix By Kaoru Inoue
V.A./Massage Non Mix By Masanori Ikeda
2009.04.22 on sale 2,100(tax in)/ LD&K

大変お待たせしました。 MASSAGE最新刊、ようやく発売になります。
いろいろな世界のかけらが詰まっています。
ぜひ、ご一読ください。

■MASSAGE>>>http://www.themassage.jp/

2009年4月15日水曜日

“Rookies Life”

美容学校生向け就職活動応援フリーペーパーにて、取材とライティングを担当させていただきました。人気サロンの美容師さんのタメになる深イイお話。

◇Rookies Life School:今を輝く美容師がオリジナルの授業を展開
MAGNOLiAMARBOHさんが登場!
テーマ>>>自己分析とは?

■Rookies Life
>>>http://www.seyfert.co.jp/jp/news/090415_2news.html

2009年4月10日金曜日

BEEF OR CHICKEN?


私信:VERBALさま
CC:m-flo&TERIYAKI BOYZみなさま


新緑の候、益々ご清栄のこととお喜び申し上げます、
こんにちわ。
さてさて本題ですが、SEEDAくんとのBEEFの件に関して。
遅ればせながらVERBALさんのpodcastを拝聴しました。
RAPスキルや音楽に対する真摯なスタンスについて、
個人的にはVERBALさんのやり方をRESPECTしています。
が、今回の顛末に関しての“ケツの拭き方”は「あり」か「なし」かで言うと「なし」だと感じました。
2chネラーじゃないし、バーチャルでバーバル DISとか、韻踏んでもなーんか興ざめなので、貴殿に直接お会いする機会がありましたら、是非お話をさせてください。

ぶしつけなお便りにて失礼いたしました。
では、季節の変わり目につきご自愛を。

REALGOLD$拝

■ZIMA PRESENTS VERBALEYEZ >>> http://www.zima.jp/podcast/verbaleyez/

2009年4月9日木曜日

Acting Local

神奈川相模を拠点に活動するSDP(Sag Down Posse)に関して書いた記事が、ひょっこり出てきたのでUP。一昨年、Public-image MAGAZINEにて編集&ライティングを担当させていただいたものです。
 A~Zであらゆるカルチャーを紹介するという趣旨で、Yのページで何か・・・と言われたので<YANKEE>という切り口で紹介しています。いわゆる“ヤンキー”がどうこうということではなく、厚木に米軍基地があったりとかそーゆう話です。

Sag Down Posse>>>http://www.sdp-228.com/

2009年3月24日火曜日

鴨川ホルモー

「鴨川ホルモー」なる映画の試写を観ました。京都を舞台にした<ホルモー>という名の、スポーツのような“神事”を通した青春映画なのですが・・・

「ゲロンチョ!」

とか

「ピッピキピー!」

とか、ちょっと変った“ホルモー用語”が飛び交います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《STORY》
鴨川のせせらぎが美しくも穏やかな五月の京都――。二浪して晴れて京大生となった安倍(山田孝之)は、同じ新入生である帰国子女の高村(濱田岳)と葵祭のアルバイトの帰り、三回生の菅原(荒川良々)から「京大青竜会」という怪しげなサークルの新歓コンパに誘われる。入会する気など更々なく、「ただ飯」にありつく目的でコンパに参加した安倍と高村。しかし安倍は、その席で「美しい鼻筋」を持つ早良京子(芦名星)に一目惚れし、彼女に近づきたい一心で、思わず入会してしまう。青竜会に入会したのは、安倍、高村、早良の他に、大木凡人似のオタク系メガネ女子・楠木ふみ(栗山千明)、超高圧的で仕切り屋の芦屋(石田卓也)、温和な双子の三好兄弟(斉藤祥太、斉藤慶太)など、一風変わった個性的なキャラの持ち主ばかり。当初はただのレジャーサークルと思われた青竜会だったが・・・。祇園祭宵山の夜、観光客のごった返す四条烏丸交差点に呼び出された青竜会メンバー。そこで待っていたのは、薄汚れた揃いの青い胴着に身を包んだ、いつもと全く違う雰囲気の菅原たちだった。ついに安倍たちは、このサークルの目的が、京都に千年続くという謎の祭り、"ホルモー"を行うことだと知らされる!そしてどこからともなく現れた、白、赤、黒の胴着を着た異様な集団・・・彼らは立命館、龍谷、京都産業大学で同じく"ホルモー"を行うメンバーだという。果たして"ホルモー"とは一体何なのか!? そして隠された衝撃の真実とは・・・!?

監督:本木克英/原作:万城目学(産業編集センター刊)/脚本:経塚丸雄/CAST:山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星、斉藤祥太、斉藤慶太、荒川良々、石橋蓮司配給:松竹(c)2009 「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ
-----------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その場所でしか通じない専門用語って、至る所にあるじゃないですか?
例えば、すし屋で『あがり』って言ったらお茶のことだったり、
居酒屋で『ヤマです!』ていったら品切れの意だったり、
編集というジャンルで言うなれば、『トルツメで! いや、やっぱママイキで!』とか、
部外者にはなんのことやら分からないへんてこな言葉。

・・・そういうのが全編に飛びかっていて、
観た後、しばらく、見慣れた景色が変って見えて、何というか見知らぬ土地に迷い込んだような、目の前の世界が“ホルモーな感じ自分以外の全員が何かのゲームをしてるんじゃないかしら? あるいは良からぬ隠謀を張り巡らせているのではないかしら? ・・・という謎の勘繰りに陥ってしまい、困りました(苦笑)。

海外から見た日本って存外こんなかんじかも。




ほらね。

■「鴨川ホルモー」
>>>http://www.horumo.jp/
2009年4月18日(土) 全国ロードショー

2009年3月22日日曜日

“ENTERTAINMENT Dash”


2009年4月号[エンタテインメント・ダッシュ]3月14発売号に寄稿しました。
美乳飛脚ハプニング記事・・・ではなく、カルチャーページのコラムです。
お題は件のParCodaN
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
朝日がまぶしいなぁ、って千鳥足で向かう朝のホームに小学生。
「おはよう、何年生?」って自主的声かけ運動を実施するも、無視されて、立腹。
何? 朝っぱらから酔ってんのかって? 
バカ言ってんじゃないよ、飲まなきゃやってられないよ。

日銭を稼ぐのに朝から晩~晩から昼、朝から昼まで働いて、財布の中には諭吉はおろか、一葉さんも漱石さんもいないんだから、そりゃ刺々しくもなりますよ。ワーキングプア? 何とでも呼んでくださいな、あなたも私の財布の中身狙ってるんでしょ? ……なんだかタチの悪い<勘ぐりスト>になってきたので、クリスタルな大都会からエスケープを決行! ってことで、はるばる来たぜ函館ぇ~~~(YES)!!! 北島三郎先生がレコメンしてんだから間違いないっしょ? 風光明媚な港町。キレイな夜景と壮大な山々をバックに、地元の海で取れた新鮮なイカ刺しとビール。シメにイカめし、もしくはイカパスタ……って、どんだけイカ食えばいいのよ(苦笑)。

流石に飽きて、ふらっと入ったカオティックな冷麺専門店にその漢はいた。「逆にいいよね!」なスタイリストさん的感性でも、さすがに拾いきれない、あまりにも極悪なファッション(ガンズ&ローゼズの刺繍入りブートGジャン+微妙な色落ち具合のケミカルウォッシュ・ダボデニム+メキシカンHAT!)に身を包み、真顔でサウダージ感溢れるメロウでエロティックなギターを奏でる貴(奇)人、JINTANA。松山千春級のぶっとさで地元北海道産天然ヴァイヴスを愛する彼は、帰郷するたび有名無名のアーティストたちと山小屋でセッションをしているとのこと。店主であり、アーティストでもある孫承燻(ソンスンワン)なる、なんとも妖しげな魅力を発する人物と共に、何かに導かれるが如く訪れた雪の山小屋で、私は目を、耳を疑った。聴き取ることもままならぬ不可思議な言葉(アイヌ民謡ウポポをまねしたチャントというもの)で、決して上手くはないがイノセントな歌を口ずさむボーカリストTETSUYA。そして、明らかに“音楽素人”な一般市民たちが集い、語らい、歌い、時に手を叩き、笑い合っていた。

彼らの名はParCodaN (パーコダン)。

その何とも楽しげなグルーヴに巻き込まれた私は、
時間も場所も、昨日までの刺々しい感情も忘れてしまった。
やがて山小屋は宙に浮き、遥か遠く、南方の大陸へとトリップ。
アミーゴたちの笑顔がまぶしい。

時空の歪み、そう天然サイケ、否、サ“イカ”デリック。

<勘ぐりスト>改め<イカんナビスト>にキャリアアップしたあたしは、「ああ、もう戻ってこれないなぁ。人生終わったかも……ラッキー!!!!と心の中で小さくガッツポーズを決めこんだのであった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■『月刊エンタテインメントDash』
>
>>http://www.shinyusha.co.jp/~top/01dash/dash.htm
晋遊舎発行毎月15日発売