2009年3月24日火曜日

鴨川ホルモー

「鴨川ホルモー」なる映画の試写を観ました。京都を舞台にした<ホルモー>という名の、スポーツのような“神事”を通した青春映画なのですが・・・

「ゲロンチョ!」

とか

「ピッピキピー!」

とか、ちょっと変った“ホルモー用語”が飛び交います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
《STORY》
鴨川のせせらぎが美しくも穏やかな五月の京都――。二浪して晴れて京大生となった安倍(山田孝之)は、同じ新入生である帰国子女の高村(濱田岳)と葵祭のアルバイトの帰り、三回生の菅原(荒川良々)から「京大青竜会」という怪しげなサークルの新歓コンパに誘われる。入会する気など更々なく、「ただ飯」にありつく目的でコンパに参加した安倍と高村。しかし安倍は、その席で「美しい鼻筋」を持つ早良京子(芦名星)に一目惚れし、彼女に近づきたい一心で、思わず入会してしまう。青竜会に入会したのは、安倍、高村、早良の他に、大木凡人似のオタク系メガネ女子・楠木ふみ(栗山千明)、超高圧的で仕切り屋の芦屋(石田卓也)、温和な双子の三好兄弟(斉藤祥太、斉藤慶太)など、一風変わった個性的なキャラの持ち主ばかり。当初はただのレジャーサークルと思われた青竜会だったが・・・。祇園祭宵山の夜、観光客のごった返す四条烏丸交差点に呼び出された青竜会メンバー。そこで待っていたのは、薄汚れた揃いの青い胴着に身を包んだ、いつもと全く違う雰囲気の菅原たちだった。ついに安倍たちは、このサークルの目的が、京都に千年続くという謎の祭り、"ホルモー"を行うことだと知らされる!そしてどこからともなく現れた、白、赤、黒の胴着を着た異様な集団・・・彼らは立命館、龍谷、京都産業大学で同じく"ホルモー"を行うメンバーだという。果たして"ホルモー"とは一体何なのか!? そして隠された衝撃の真実とは・・・!?

監督:本木克英/原作:万城目学(産業編集センター刊)/脚本:経塚丸雄/CAST:山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也、芦名星、斉藤祥太、斉藤慶太、荒川良々、石橋蓮司配給:松竹(c)2009 「鴨川ホルモー」フィルムパートナーズ
-----------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
その場所でしか通じない専門用語って、至る所にあるじゃないですか?
例えば、すし屋で『あがり』って言ったらお茶のことだったり、
居酒屋で『ヤマです!』ていったら品切れの意だったり、
編集というジャンルで言うなれば、『トルツメで! いや、やっぱママイキで!』とか、
部外者にはなんのことやら分からないへんてこな言葉。

・・・そういうのが全編に飛びかっていて、
観た後、しばらく、見慣れた景色が変って見えて、何というか見知らぬ土地に迷い込んだような、目の前の世界が“ホルモーな感じ自分以外の全員が何かのゲームをしてるんじゃないかしら? あるいは良からぬ隠謀を張り巡らせているのではないかしら? ・・・という謎の勘繰りに陥ってしまい、困りました(苦笑)。

海外から見た日本って存外こんなかんじかも。




ほらね。

■「鴨川ホルモー」
>>>http://www.horumo.jp/
2009年4月18日(土) 全国ロードショー

0 件のコメント:

コメントを投稿