2009年3月15日日曜日

FRESH ParCodaN

TOKYO BITCHのBOY FRIENDグループ、Pan Pacific Playaのギタリスト、JINTANAくん。
かなりの実力派ミュージシャンゆえに、何気に某ド・メジャーバンドのアルバムでドラムを叩いたりしてるそうです。

そんな彼の地元、函館エクスペリメンタル・バンド、ParCodaN(パーコダン)の結成14年目にして初となるアルバムが発売されることになり、メディア周りのプロモーションを代行しております。 ゲストもいい感じです。

2枚組CD全109曲(!!!!!!!)

ボーカル:TETSUYA、すべての楽器:JINTANA(PPP)
雑談・鼻歌などフィールドレコーディングス:多数の函館の人々
ダブミキシング:KEN(MIC JACK PRODUCTION)
トンコリ:OKI(DUB AINU BAND)
ギター:植野隆司(テニスコーツ)
ラップ:4cefinger(中目黒薬局)
サウンドスケープ:Miroque
ノイズ:久保卓也(ex カニバリズムガンジーバンド)
トークボックス:LUVRAW(PPP)
トラックメイキン:脳(PPP)/KES(PPP)
ベース:孫承燻(ソンスンワン)


アイヌ文化へのリスペクトを掲げつつ、自分たちなりに消化した、というオリジナルかつ、でたらめなゆるさ。
サイケなんだかドープなんだかわかんないケッタイな感触。ミュージシャン以外の人も含めた函館市民30万人がバンドメンバー! と豪語するように、ローカリズム溢れる良盤。<道南“ヒマの過ごし方”上級者編>といった塩梅で、かなり調子いいです。
http://www.bounce.com/news/daily.php/18609

ちなみに PVテーマは「サ"イカ"デリック」
函館の名産品はイカ……ということで<特産物=イカへの偏愛>をテーマにしたPVも制作中!

「宇都宮が
異常なほど餃子を推すように、函館は腹が立つくらいイカを推している街です。それを、ノンフィクションで伝えます。実在する「イカ徳利」(イカの皮を加工して作った徳利)や、その派生系の「イカジョッキ」、盆踊りよりメジャーな「イカ踊り」や、それを踊る地元の工業大の作った「イカ踊りロボット」など、イカすぎてヤバイ映像で見せていきます」   by JINTANA

・・・アホだ、この人。無論いい意味で。

■ParCodaN(パーコダン)『FRESH ParCodaN』
NOW
ON SALE!!!!!!
http://bridge.shop-pro.jp/?pid=12001330
Bumblebee Records
http://news.bumblebeerecords.net/
ParCodaN MYSPACE
http://www.myspace.com/parcodan

0 件のコメント:

コメントを投稿